スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチテストの結果

★気になるパッチテストの結果★

色々なシールを貼って検査した結果、
陽性(しかも強陽性と出たものが1つ。

Bisphenol-A ( ビスフェノールA )
という物。

「うーん…そういわれても
 それ、なんぞや??」

じゃない!?

手元の資料には
「エポキシ樹脂、ポリカーボネート樹皮、
に含まれます。
歯科での歯の詰め物の成分に含まれています」

と・・・

ますます、わかんなーい
で、私はどうすればよいのやら・・・???

大学病院に医師には

「パッチテストでは、
日常生活で使用する薬品や物質にはアレルギー反応は
みあたりませんでした。
そのため、特にコレを使ってはいけないなどの制限はありません。
手荒れの原因はストレスと、
もともとアトピーがあるので、
長期間の持続的な手への刺激が今回の悪化に結びついたのでしょう」



「しばらく仕事を休んで、
刺激を最小限にして、
新しい皮膚ができてくるのを待ちましょうね。」


といわれました

その通りなんだけど…

手を休ませるのが大事なのはわかるんだけど・・・

「本当にすっかりよくなるのかなぁ 
 →Dr Answer:時間が解決しますよ♪

「ビスフェノールはほっといていいのかなぁ
 →Dr Answer : 歯科の先生に相談して下さい♪

「手のひらの小さい水ぶくれはいったいなに!? 
→Dr Answer:炎症が起きているのと、かきむしるからですよ。
          症状が落ち着けばじきに改善すると思います♪

と、
質問には答えてくれたけれど、
疑問と不安がまだ
もやもやーっとしてて
なんか気持はスッキリしないままの帰宅
となりました。


スポンサーサイト

パッチテスト実施中

パッチテスト。
私の場合、調べる薬品が多くて、
シールをいっぱい貼らなきゃだったので、
背中全面にぺたぺたシールを貼りました

シールが少ない場合は腕とか狭い範囲に貼るみたい

パッチテストをしたのが8月で、
夏真っ盛り!!

汗をかくなといわれても、
そんなわけにいくかいな

入浴もダメ
だったので、
部屋に冷房ガンガンいれて
朝から極力動かず(笑)
DVDを借りてひったすらTVにかじりついてました

でも、
洋服着替えたり、
夜中に寝返りうったりしてたら、
どうしても剥がれてきちゃう

もうこればっかりは仕方なし

しかも、

パッチシールが剥がれてこないように
上から重ねて貼ってるテープにかぶれて、

背中が
かゆい・かゆい・かゆい!


アレルギーのテストしてるのに、
テープにかぶれて背中が真っ赤って・・・
ちゃんと結果がでるのかなぁ

って心配だらけだったなパッチテストでした

お風呂は入れないので、
足だけシャワーで流したり、
洗面所で頭洗ったり、
おなかはタオルで拭いたり、

清潔面のキープはなんとかなりました

医師には
「途中でテープがはがれたり、痒くなったり、
アレルギー反応で背中が痛くなったり、
変化があれば受診予約まで待たなくても、
すぐ来てね」

って言われていましたが、
なんとか臨時受診はせずにすみました

パッチテストの方法

大学病院 では
手荒れを起こしている原因物質が何か探るために

「パッチテスト」
をしました。

これは

ある薬品が体にアレルギー反応を起こさないかどうか調べるためのテストで、
薬品が塗られた小さなシールを腕や背中に貼って、
かぶれ(アレルギー反応)を起こさないかみる検査

普通、アレルギー反応は48時間後が最も強くなる ので、
シールを48時間(2日間)貼っておくことが必要

なので、シールを貼っている間はお風呂 に入れません
運動したり、汗をかくとシールが剥がれてくるので大人しくする必要があります

シールは48時間後にはがしますが
3日目にも診察を受ける必要があります
遅れてアレルギー反応を示すものがあるからです


7日目に判定をすることもあるそうです

パッチテストの実際の写真

かつうみ皮膚科医院さんのホームページ参考にさせて
いただきました

そんなわけで、
パッチテストを受けるにあたって、
病院には
 ①初回受診
 ②シール貼る日
 ③2日後(48時間後)の判定
 ④3日後(72時間後)の判定
と4回の通院が必要だったよ


大学病院だったから、
予約してるとはいえかなり待たされ、
どの日も朝から行って午前中いっぱいまでかかっちゃいました


ところで、
テストをする薬品といっても色々あるので、
私の場合は身近に接触する機会が多い、

・医薬品(アルコール、イソジン消毒剤、香料とか) 
・金属類(亜鉛、クロム、銀、銅、鉄とか)
・手袋の粉のラテックス
なんかを重点的に調べてもらったよ


パッチテスト検査薬の一覧

かつうみ皮膚科医院さん参考

私の受診した病院は、
調べる項目は自分で選ぶこともできたし
「金属類」みたいに病院で「検査セット」になっているものもありました

担当の先生は
「自分の病院で使う薬品で調べてほしいものがあれば、
小さな化粧水瓶に入れて持っておいで 」


と言ってくれたので、
私は手洗いに使っている「手洗い洗剤 」を持参しました

手荒れの経過を簡単に③

5月~6月末の2ヶ月休みをもらって
まずはプレドニンというステロイドホルモンの内服を開始

大学病院では、
採血をしてアレルギー反応をみたり
パッチテストをしてアレルギーの原因物質をしらべる検査をしたよ。
IGE値

でも、
いろいろ調べたけど、
病院内で使う消毒剤(アルコールとかイソジンとかね)は問題なし
手袋の成分(ラテックス)にもアレルギーなし

アレルギー(+)で出たのは
仕事には直接関係のない、
ダニとかハウスダストとか杉花粉とか犬とか。
歯の治療に使う金属とか・・・


アレルギーの結果(絵)縮小

なんかガッカリ(笑)

でもね、2ヶ月文字色療養したらとっても良くなって
ちょっとカサカサしてるし、
手の皮膚も薄いけれど、
でも「仕事できるぞっ!」
ってとこまで回復したんだよ。


プレドニンの効果はすごい!
そして、やっぱり手に刺激を与えないことが大切なんだってわかった

で、7月から仕事復帰!!

もうね、
ほんとに嬉しくて、仕事できるってなんて有難いの!
早く患者さんと触れあったり、
話したりしたいよー
ってワクワクうきうきして仕事再開

そしたら・・・
2週間で手は再びボロボロ
しかも、休職した時と同じ位に最悪の状態に
たった2週間でだよ


もうね、
この時は泣いたね
痛さと悲しさと、
看護師続けられないのかもってゆう不安とか
いろんな思いが重なって。


で、
結局7月10日~8月末まで仕事休んで
婦長さんとかと相談して、
今の外来に職場移動になったというわけです

手も日記に書いたような感じで
ちょっとずつ、でも確実に良くはなってる

でも、もっと劇的に改善するかと思ったらそうでもなくて
不安はいっぱい

消毒や手洗いが十分できない看護師なんて
働くところあんまりないのかなーとか…


1年かかってこんな調子だしね

でも、おかげで得られたこともいっぱいあるから
焦らずいこうって思いもあるんだよ

と、こんな感じで今も手荒れと闘ってます

手荒れは、
ナースじゃなくても水仕事
薬品を使う仕事の人は悩まされるよね
調理師さんや美容師さん
主婦さんだって

アトピーがある人もいるだろうし

だから、
みんなの
「手荒れにはコレがいいよ」
「この薬お勧め」
「ここの病院いいよ」

なんて意見交換できたらいいな!

手荒れだって立派な病気なんだよー(笑)

手荒れの経過を簡単に②

H19・5月 急激に手荒れ悪化

急にね、
手のひら全部に水疱ができたの。
小さい水ぶくれがブツブツ~って。


で、

その小さい1つ1つが合体して大きな水疱になって、
破れてジクジクするの。

右手腹水疱(縮小写真)
(この写真は最近のもの(H19.12月)のものなので
そんなに症状は悪くないですが、
プチプチあるのがわかるかな?
この水泡はもう乾燥して吸収されつつあるものです



しかも、

その水疱が破れるとすっごい痒くて、
痛いのに、痛さ以上に痒さに我慢できなくて

掻いてしまって更に悪化。

汚い手で掻くから、そこからバイ菌入って傷が化膿して、
黄色い膿が溜って…


もう痛くてどうにもならない!!
ってくらい辛くて、
その時は、ポロポロ涙も出てきたよ

何かに手がちょっと触れるだけで、
痛くて着がえもできない、
手も顔も洗えない、
料理も洗濯もできない、
体は元気なのに、
両手が使えなくて私どうしたらいいの・・・

って超どん底に凹んでた。

「何が原因なんだよーっ!!」って。

 ↑↑(これは後に「汗包(かんぽう)」ってゆう皮膚の病気だとわかるのですが…。
    また詳しく後で話します

それで、ようやく職場の仲間や医師にも

「ちゃんと休んで、手を治して、手荒れの原因を調べてもっておいで」

って言われて休職することにしました
診断書も書いてもらって
診断書縮小


私の病院の外来部門は
内科・外科・小児科・皮膚科とか一応「全科」あるんだけど、
高度な設備や検査とか、超重症な患者さんはみれない
小規模(中規模かな?)な病院なので、
精密検査は某大学病院に紹介状を書いてもらって、
そちらで行うことになりました。

その③へ続く

手荒れの経過を簡単に①

今の病院に入職したのは平成16年4月。
当時は手はなんともなく、いたって健康そのもの

なんだかカサカサする なって思い始めたのは
同じ年の11月頃

私のカルテをみてみると…
Myカルテ


平成15年11月15日に皮膚科受診してました
2004(H16).11.15皮膚科受診
こんな感じの記録

まだ、カサカサ と あかぎれ程度
仕事に支障はなかったので

保湿クリーム
ステロイドの塗り薬
抗アレルギー薬

を処方されました
初回処方

仕事の合間をみて、
手荒いするたびに一生懸命塗ってたことを思い出すなぁ

その後は、良くなったり、悪くなったりの繰り返し
時折、皮膚科の先生や病棟の医師に相談して、
少し強めのステロイドの軟膏をもらったり、
ステロイドが塗ってある貼り薬
(シールみたいなやつで、症状があるところに直接貼ります)
コレ↓
ドレニゾンテープ


をもらったりで様子をみていました

急に悪くなったのは3年後の平成19年2月頃
ひび割れ や 痒みが急激に強くなったの

仕事中の手洗いとか、アルコール消毒が苦痛になってきて、
指先の皮膚も薄いから
手袋二重にしてつけたり、
バンドエイドやテープで補強したり、
傷を覆い隠してみたりして…

バンドエイドだらけの左手 バンドエイドの手1


でも、
病院にはどんな菌がいるかわからないし
おむつを交換したり
食事の介助をしたり、
患者様に変な菌を移したりなんかしたら、大変!!

手洗いはナースにとって必須!
かなり無理して、最後には勝手に痛みどめ内服して
仕事をしていたら、H19年5月
H19.5.17皮膚科受診

もう仕事できない位まで悪化。
②へ続く

両手の比較(2008.12.30)

手の甲
左手甲(縮小写真) 右手の甲(縮小写真)
甲は一見きれいですね


指の付け根
左手指先(縮小写真) 右爪の付け根(縮小写真)
右手はぽっこりして、小さなひび割れがあります。
爪もガタガタです 痒みもあります


手のひら
左手(縮小写真) 右手
左手全体的に少し赤いかな。完治とはいえ、保湿剤は必須。
右手は水疱・小さな傷・ちょっと炎症もあって赤みが強いです
全体的に、いつも腫れぼったい感じ


指先
08.12.29左手指先(縮小) ガサガサ指先右(縮小)
右手ガサガサですね
人差し指の先にはパックリ割れたひび割れもあるんだよ

ちなみに左手も★

悪化したのは両手だったけど、

今は左手はすっかり綺麗

1年かかって完治した

左手甲(縮小写真) 左手(縮小写真) 左手指先(縮小写真)


今の職場の外来では
カルテをめくったり、
記録をしたり、
血圧測ったり、
使うのはいつも右手

左手への刺激は少ないので、
治りが良かったようです

私の手の写真

これ私の右手です↓
ガサガサ指先右(縮小)

保湿剤を使用しないとガサガサです

皮膚も薄くて乱暴に物を触ると
すぐ破れて出血します

時々、かゆーくなってどうにもこうにも我慢できなくなります

うっかり掻くと傷になります

右手の1指(縮小)

痛くて、石鹸やアルコール消毒がしみてしみて、
これまた耐えられません


右手腹水疱(縮小写真)

勝手に水疱ができて、
痒くて掻いて、
ジクジクして、
バイ菌が入って化膿することもあります

右爪の付け根(縮小写真)

爪の付け根も腫れ上がって、
爪はガタガタです

でもでも、
これはスッゴーク良くなった今の写真

休職した時は、
両手化膿してジクジクで、
指先もしびれて、
夜寝られないくらい痛くて、
全身うずく位に痒くて、


「もう手を切り落としたーい!!」

ってくらいひどかった

その時の写真が今、手元にないのが残念だけど…

ここまでよくなるのに1年だよ。

「やっと…」

って気もするし、

「1年でこんなに良くなった」

って思いも両方



手荒れと戦う日々!!

はじめまして

私は手荒れ悩むナース5年目です
ガサガサ指先右(縮小)
例えばこんな感じ。
右手の一部


4年間、内科全般を幅広くみる病棟で働いていました

現在は手荒れが原因で外来部門に移動になって1年たちます。

主に全介助・半介助(寝たきりなどで誰かの手を借りなきゃ生活できない方々)
の患者さんが占めていて、

・おむつの交換 
・傷の手当などの処置
・食事介助
・点滴や注射

  など、

衛生面にすごく配慮しなければならない病棟
患者さんに接するたびに

手洗い・手洗い・手洗い!!

消毒・消毒・消毒!!

があたりまえ

働き始めて5年目頃から、
最初はカサカサ程度な手荒れが
じわじわ悪化

カサカサ → ひび割れ → かゆみ → 水ぶくれ → 化膿
と、もう仕事ができないくらい悪化

仕事も2ヶ月休みをもらって療養して、

現在は消毒の少ない外来部門へ部署を移動させてもらい
働いています。

おかげで手荒れはとってもよくなったけれど、

まだ完璧ではありません

病棟看護が好きなので、
早く病棟に復帰したいのですが、
まだまだ時間がかかりそう

戻れるのかなって不安もあるけれど…

手荒れが悪化して、
仕事を休むことになったとき、
日常生活もままならなくて、
もう看護できないのかな、
仕事もできないのかな、
とかすごく不安になって悲しくて、
辛かった。


この1年、

いろんな皮膚科にも行ったし、
悪化した原因を探るための検査をしたり、
薬も試したよ。


そして同じように悩んでいる人もたっくさんいることを知って、
私の経験も誰かの何かの参考になればと思ってブログ始めました。


「なんだよ、手荒れくらいで」

って思う人もいるかもだけど、
実際いたんだけど

当事者にとってはとっても大きな悩みなんだよー


テーマ : 身体の悩み - ジャンル : ヘルス・ダイエット

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログ始めるなら★
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
★メールはこちらから★
感想・意見・質問など気軽にして下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。