スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビタミンH=ビオチン」の働き

汗疱や掌蹠膿疱症にはもちろん
アトピー性皮膚炎
ビオチンの内服がよいと
言われています

私もビタミンH内服してます
ビオチン1
ビオチン4パック

医者に処方してもらって、
薬局でもらってます

「ビタミンH単体」としては売ってないみたい
見たことないもん
ビタミンコンプレックスとか、
ビタミン剤にに入ってるみたいだけど

ところで、
ビタミンHって・・・なんぞ??
ビタミンCとかBはよく聞くけど
「皮膚科の先生に内服してみますか?」
といわれて、
「H」ってもんがあるのかって感じでした。

ビタミンHは炎症を抑える働きがあるので、
病院で治療の1つとして
ビタミンHの処方をしてもらえるんだって。


科学名が「ビオチン」ってゆうから、
「ビタミンH」と
同じ意味で使用されます

ここでも「ビオチン」と呼ぶことにします

ビオチンは腸内細菌によって合成されてるんだって
もちろん、
食べ物にも含まれています
成人のビオチン1日摂取量の目安は
45μg/日だそう。

それってどのくらいなんだ・・・

45μg接取するには・玉ねぎ1個
・牛乳120mℓ
・卵3~4個
・イワシ約5匹
Etc


普通の食生活をしてれば、
食事から摂取されるビオチンが不足することはないんだけど
食べ物に含まれるビオチンは、
なんと、
タンパク質と結合している
「非遊離型ビオチン」という種類のビオチンだそうで
炎症を抑える効果は期待できないんだって・・・ガーン


だから
食べ物じゃなくてサプリメントとか
医師に処方して薬局でもらったビオチンを摂る必要がある


そして、
ビオチンは
腸内細菌によって合成・吸収・利用されているから、
むしろ、
おなかの調子を整えること
(つまり腸内細菌のバランスを整える)
の方が大事なんだね。


ちなみに、
ビタミンHは水溶性ビタミンだから、
摂り過ぎて病気になるってことはないです
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログ始めるなら★
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
★メールはこちらから★
感想・意見・質問など気軽にして下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。