スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビオチンと腸内細菌の密接な関係

ビオチンは食事から摂取することができず
かわりに腸内細菌がつくっていると

前にもブログに載せたね

過去の日記参照してね↓↓
過去の日記ビオチン1より。ココクリク
過去の日記ビオチン2より。ココクリック

だから
乳酸菌とか、
腸内細菌とかが少ないと
ビオチンがうまく作られなくて不足して
掌蹠膿疱症や皮膚炎になる


ところで、
ビオチンは炎症を抑える作用があるといったけど
具体的にはどうゆう働きをしているんだろう??

「アメリカンビタミンショップ」の
ホームページから抜粋。

ビオチンは体内でγリノレン酸(ガンマリノレン酸)の産生を行い、
このγリノレン酸が炎症を抑える物質である、
プロスタグランジンってゆう物質を作っている。
だから、ビオチンは炎症抑制を改善するサプリメントに
分類される。


のだそうです。

なんだかちょっとカタカナが多くて難しいけど(笑)、
つまりは
「ビオチンには炎症を抑える作用がある
てことがわかった

だから、
ビオチンを摂取するってことが大事だし
腸内細菌を増やして、
自分でちゃんと
たくさんのビオチンを作れる体にしておくってことも大切。


それに、
善玉菌(乳酸菌とかアシドフィルス菌とか、
コッカス腸内細菌etc)

が少なくなって、
悪玉菌が増えると体は腸の中に悪いものがいると思って、
排除するための免疫機構を敏感にしてしまうそう。


そのせいで掌蹠膿疱症を悪くさせている可能性も大きいらしいので
腸内環境を整えるってことが大切なんだって

多分、
これって掌蹠膿疱症だけでなく、
アトピーとか皮膚トラブルの人には
共通して言えることなんだろうね!


てなわけで、
継続してこれからも
おなかの調子整えるべく努力続けます!
便秘症なので気を付けます!!

スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者数
FC2ブログ始めるなら★
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
★メールはこちらから★
感想・意見・質問など気軽にして下さい♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。